シワ・たるみの種類

顔のたるみ治療・しわの改善

しわ・たるみの種類

気になるしわ、たるみにも種類によって治療法が異なってきます。 シワ・たるみは大きく分けて三種類です。気になるしわ、たるみを理解しましょう。

表情ジワ たるみ

表情じわ たるみ表情じわは、繰り返される表情の変化によって、目元・口元・額・眉間などに出てきます。年齢を重ねるごとに増加し深く刻まれていきます。また、たるみは、皮下組織の減少と表情筋の緊張性低下によって出てくるものと考えられています。

表情じわの治療には、肌のキメを整える美肌治療をベースとして 表情筋をボトックスでコントロールすることが、一般的な手法となると思いますが、ボトックスは、表情筋の動きを制限して、しわをよりづらくするもの。目尻の笑いジワなどは、表情豊かに生活されているから、ついてきたものですので、これを動かなくしてしまうと、違和感を感じる場合もあるのです。

そこで、ヒアルロン酸注入で、今見えているしわを埋めて、その上で、コラーゲン造成を促進させる エンディメッドPRO,スキンタイト 等の治療を検討することもひとつの方法です。

経年的に、真皮内のコラーゲンの密度に偏りが出てくることが、シワ・たるみの原因となります。エンディメッドPRO, スキンタイトは、コラーゲン造成を促進させ、肌の引き締め、リフトアップ効果をうながすことができるので、予防的な目的としても、効果的です。

ちりめんジワ

ちりめんじわちりめんじわは、皮膚表面に出来てくる細かいちりめん状のしわです。紫外線等の作用によって、皮膚が本来持つ水の保持能力が落ちてくることで、乾燥し、皮膚の弾性力が低下して起きてきます。特に、目尻や口元にできやすく徐々に刻み込まれ真皮へ至るしわ(回復性のないしわ)へと変化していきます。

ちりめんじわの治療は、意外と難しいものです。アファームや、A-MTS,グロスファクター皮膚再生療法で新しい肌に再生していきます。特にA-MTS,は、下眼瞼,上眼瞼も治療することができ、かつ、グロスファクター皮膚再生療法の、皮膚再生力を利用することで、相乗効果を発揮することができます。

大じわ、真皮へ至るシワ

真皮へ至るしわ真皮へ至るしわは、老化的変化、紫外線、乾燥によるものだけでなく、上記2つのしわを放置していくことで細胞組織が変性・破壊されて起こってきます。

真皮層のマトリックス構造が変質して行くことで、皮膚の真皮まで到達する深いしわが形成されます。真皮まで編成するためこのままでは、改善することが非常に困難と言えます。額や眉間、目尻、ほうれい線や、マリオネットライン、に出てきます。

全体のたるみ、シワの改善には、強力なリフトアップ効果をうながすことができる エンディメッドPROをオススメします。その上で、局所的にボリュームが足りない部位は、ヒアルロン酸注入で補い、全体のバランスを取っていきます。コラーゲン産生が衰えてきた肌の再生には、グロスファクター皮膚再生療法をうながすことで、より強力に改善させていくことが可能です。

シワたるみの治療ページへ戻る