ニキビ跡治療の症例写真集

にきび痕の治療にきび痕の治療

ニキビ跡治療の症例写真集

にきび跡の治療は、どの程度の改善が期待できるか気になるところだと思います。
当院では、大きく分けて2種類の治療法を用意しています。

  • 常識的な範囲内のダウンタイム内で できるかぎり効果を高めた 当院の主力治療と
  • 出来る限りダウンタイムを抑えつつ その中でできるだけ高い効果を求める治療法

生活スタイル,治療強度に合わせて選択をすることで、できるだけ効率的に治療を進めていくことが出来ます。

以下の症例写真が参考になれば 幸いです。

にきび跡の凹みが浅くなるとともに、赤みも減少してきています
プロフラクショナル/FSR併用6回治療後の写真です。ニキビ跡の凹凸軽減だけでなく 赤み,肌質改善もみられます。

20160515 CompareR にきび跡の凹凸の軽減とともに 赤みも減少しています。にきび跡の状態に合わせた照射を行ないます。

ニキビ跡治療プロフラクショナルXC2回の症例。照射の密度を 症状に合わせて変化させることで 変化に強弱をつけることが出来ます。 にきび跡の改善には 全体で均一な照射ではなく 状態に合わせて調整することが重要になります。

ニキビ跡治療症例写真01エンディメッドFSR5回治療後の症例写真です。大きなにきび跡が平坦化し目立ちづらくなってきていることがわかります。

ニキビ跡治療症例写真02大きなうねりとなっているにきび跡です。エンディメッドFSR,プロフラクショナルXCの治療を行うことで、瘢痕部分が柔らかくなってきます。これに伴い凹凸の改善が進んでいきます。

ニキビ跡治療症例写真03うねりが強いにきび跡も 硬さが取れてくるに連れて改善されていきます。

ニキビ跡治療症例写真04エンディメッドFSR4回終了後の症例写真です。従来の治療法と比較しても早い段階で にきび跡の改善が見られてきます。現在は更にプロフラクショナルXCを導入したことで治療効率が改善しています。

ニキビ跡治療症例写真05エンディメッドFSR1回 プロフラクショナルXC4回終了後。ニキビの抑制と共ににきび跡の改善も顕著に見られています。ニキビとにきび跡が混在しているような場合には、病院でしっかりと治療を行うことをお勧めします。

ニキビ跡治療症例写真06FSR4回終了後半年目の写真です。少ない治療回数ながら、にきび跡が目立ちづらくなり 肌もスムーズさを取り戻しています。

ニキビ跡治療症例写真07細かいにきび跡の凹凸が浅くなっています。継続的に治療をしていくことで更に改善を進めていくことができます。

ニキビ跡治療症例写真08
FSR2回終了後1ヶ月目の症例写真です。個人差もありますが、比較的改善度合いが高い治療法です。

ニキビ跡治療症例写真09エンディメッドFSR4回終了後2ヶ月目の症例写真です。にきび跡の凹凸の改善だけでなく 赤みの改善はフラクショナルレーザー・RFではよく見られる現象です。

ニキビ跡治療症例写真10にきび跡の赤みが改善されることで、肌の見え方も大きく変わっていきます。通常 にきび跡の赤みの改善には時間が必要なのですが、凹凸の治療でフラクショナル機器を使用することで、赤みの治療にもなっていきます。初めに赤みの改善を希望される方も多いのですが、にきび跡の凹凸の治療を進めていくことで 赤みの改善にも繋ることを説明させて頂いています。

ニキビ跡治療症例写真11エンディメッドFSR2回 プロフラクショナルXC1回終了後 1ヶ月目の症例写真です。細かいにきび跡がかなり減少しています。当院ではこの2機種を主力として治療を薦めていますが、それぞれの長所をより高める形で治療法を提供していきたいと考えています。

ニキビ跡治療症例写真12プロフラクショナルXC2回終了後1ヶ月目の症例写真。シビアな症例ですが改善度も大きくこれからFSRを加えて 更に肌の再構築を進めていきます。

ニキビ跡治療症例写真13エンディメッドFSR10回 プロフラクショナル1回終了後1ヶ月目。全体的にスムーズさを取り戻し 毛穴も目立ちづらくなってきています。

ニキビ跡治療症例写真14エンディメッドFSR2回終了後2ヶ月目。にきび跡の改善も比較的早い段階で見られるようになってきています。個人差もありますが、肌質からFSRは改善が見られてくることがわかります。

ニキビ跡治療症例写真15凹凸の軽減が見られます。

ニキビ跡治療症例写真16細かなにきび跡が改善され、更に毛穴も引き締められてきたために 全体的なスムーズさが回復しています。ニキビ痕の治療の場合には凹凸や赤みの改善ばかりに目が行きがちですが、肌質毎改善させてこなければ、最終的な満足度は限定的となってしまいます。

ニキビ跡治療症例写真184回治療後3ヶ月目の写真。アイスピック状のにきび跡の改善と 毛穴の開きの改善が見られます。

ニキビ跡治療症例写真19プロフラクショナルXC5回終了後の症例写真。瘢痕組織を取り除いていくことで、凹みが浅く改善してきていることがわかります。

ニキビ跡治療症例写真20にきび跡の改善が進むに連れ、肌質が改善され、凹凸も浅くなってきていることがわかります。肌質が改善されることで毛穴の目立ち具合が軽減されています。ニキビ痕の治療では、肌質の悪化が懸念される場合もありますが、肌の回復力を考慮しつつ行うようにしています。

にきび跡治療症例写真21真皮深層までに及ぶ深いにきび跡です。完全にフラットに持って行くまでには道半ばですが、全体のテクスチャの改善とともに にきび跡が浅くなってきていることがわかります。