にきび治療の実際 ①比較的軽度なニキビ

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

にきび治療の実際 ①比較的軽度なニキビ

当院ではニキビ治療に力を入れて専門外来を併設しております。当院でのニキビ治療では肌状態に合わせた個々のプログラムを組むことにはなりますが、おおよそ次のような形で行っていくことになります。

ニキビの治療の場合には何を以て「軽度」「中等度」「重度」と分けるべきか悩みますが、これは治療における便宜的な区分けとご理解ください。

にきびの重症度分類

にきびの重症度分類としては1度から2度で、3度が少しある程度で、ニキビができている範囲があまり広くないような状態を 比較的軽度なニキビと呼んでいます。

1度 毛穴に皮脂やアカが詰まった状態。面皰(めんぽう)と呼ばれます。白ニキビ、黒ニキビ。
2度 詰まった毛穴にアクネ桿菌が増殖して炎症を起こした状態。赤い丘疹(きゅうしん)ができます。赤ニキビ。
3度 アクネ桿菌の活動が活発になり、化膿した状態。膿疱(のうほう)や膿腫(のうしゅ)と呼ばれます。
4度 1~3度を繰り返し、ニキビが慢性化した状態。集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)と呼ばれ、皮膚が厚くなりデコボコしたニキビ痕が残ります。局所性の免疫異常や体質が関係しているといわれます。

①比較的軽度なにきび

ニキビ治療に際しては、今までどのような治療を受けられてこられたのかを把握し、どのようなお薬・ホームケアを受けられてきたのかを診察時にお聞きしています。

治療法は症状によってご相談しながら組み立てていきます。一つの参考としてください。

思春期のニキビと大人のニキビ(アダルトニキビ)では治療法が若干異なります。

思春期のにきび

思春期のにきびは、顔にちらばった形ででき、スキンケアや化粧品の影響を大きく受けることが特徴です。
脂っぽい肌の人にできやすく、季節的には春から夏にかけてが多いようです。

思春期のにきび(ニキビ)は、10代~20代前半に多く、特にスキンケアを重点的に行わなければいけない時期ともいえます。
早い段階で治療を行う必要があり、うまくコントロールすることができないとにきび跡ができてしまい、後々にきび跡に悩まされてしまいます。できる限りこの段階でニキビをコントロールすることを目標とします。

ニキビ治療は、外側からの治療と内側からの治療の両面からの治療が必要です。

外側からの治療

早い段階からの治療がかなうのであれば、まず、ケミカルピーリングで角質を薄くピールし、皮脂が貯まらないようにすると同時に、肌自身のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進させ、肌の新陳代謝を整えます。さらに、レーザー,光治療を併用することで、皮脂腺の抑制、ニキビ菌の繁殖抑制を促し、炎症を減退させていきます。

局所治療としては上記をベースとして症状の反応によって機器を変更していきますが、多くはこの形でコントロールすることができます。

外側からのにきび治療

内側からの治療

体の内側から体質改善を促していく必要があります。漢方薬を主体として内服をしていきます。ビタミンCをはじめとする各種ビタミン剤の内服をしていきます。

にきび治療 内側からの治療

軽度の大人ニキビ(アダルトニキビ)

フェイスラインから顎にかけて出てくるニキビで、20代を超えても収まらない・もしくは20代以降に発生してくるにきび・吹き出物の状態を指します。

外側からの治療

比較的軽度なニキビであれば、ケミカルピーリングをベースとして皮膚のターンオーバーを促進させ正常状態へと促し,、レーザー,光治療器を併用して毛穴を殺菌,皮脂腺の発達抑制を促します。

ケミカルピーリングは、皮膚の新陳代謝を整える目的としては、ニキビの治療に欠かせません。定期的に通院することで、症状の変化に細かく対応することが可能な点も、この治療法をまずお薦めする理由です。

外側からのにきび治療

内側からの治療

大人ニキビの場合には、ホルモンバランスの崩れ、男性ホルモンのレセプター異常による異常角化、皮脂分泌亢進が見られます。フェイスラインから頬顎にかけて出てくる事が多く見受けられます。ホルモンバランスを何とか是正する必要が出てきます。

プラセンタ治療

ホルモンバランスを整え、体調を改善させる効果があり、特にお勧めする治療です。

抗アンドロゲン療法(女性のみ)

男性ホルモンの受容体をブロックし、角質の肥厚・皮脂線発達を抑制してきます。今あるニキビを治療するのではなく、今後のニキビの発生数を減少させるように働くので治療効果が高いです。

にきび治療 内側からの治療