ニキビ治療の実際

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

にきび治療の実際

にきびの重症度によって 治療の進め方は異なります。 個々の症状によって ご希望に応じて治療計画を立て 治療を進めていきますが、 その指標となる ケースをまとめてみました。参考としてください。

にきびは、全身疾患としてとらえる必要があります。

にきびは、若いころ(思春期)にできるものと、20代を超えて出てくるもの(大人ニキビ)に大きく分かれます。この二つは違うものと考えていかなくてはなりません。

思春期のニキビ

思春期に出るにきびは、二次性徴と共に皮脂を作る皮脂腺の発達に伴い、活発に活動するためにできてしまうものです。二次性徴が終わるころには多くの場合治まっていきますので、その間のニキビの被害を最小限度にすることを目標に治療をしていきます。

大人にきび

20歳を過ぎても、ニキビが収まらない。

大人ニキビの大きな原因の一つに「ホルモンバランスの乱れ」が指摘されています。特に男性ホルモン(アンドロゲン)は、女性でも副腎などで生成されていますが、皮脂腺を発達させ、角質を厚くしていくことで、にきびの発生を促してしまいます。しかしながら、重症の大人ニキビの方々の血液を検査しても、ホルモンバランスの乱れが確認されることは、まれであるため、見過ごされることも多く見受けられます。にきびの治療では、全身疾患であるという考え方を持ちつつ行っていく必要があります。

大人にきびの治療では、抗アンドロゲン療法などを併用する必要があります。
大人ニキビ詳細ページを参照ください。

にきびの治療は、中から、外から

にきびは、発症年齢,生活習慣,ストレス,ホルモンバランスによって、症状が異なるため、コントロールできるまでに、時間がかかる場合があり、症状によって少しずつ治療法が異なります。

  • こもったニキビ(コメド)がおさまらない
  • にきびがおさまらない 膿が出る 赤ニキビが多い
  • 20代になってもニキビができる(大人ニキビ)
  • にきびの赤みが気になる
  • ニキビができたところがシミになっている
  • にきび跡も毛穴の開きも気になる
  • にきび跡の凹凸を直したい

肌状態に合わせて治療を行なっていくのですが、ここで重要となるのが、肌自身の状態と、体調を改善させていかなければ、にきびのコントロールは難しいという点です。

外側からと内面からの包括的な治療が必要です

にきびの治療法は、肌に直接おこなう「外側からの治療」(局所治療)と, 体の状態を改善させる「内面からの治療」(全身治療)の双方が、両輪となって進行していきます。

外側からの治療

ニキビの部位のみを対象とした治療。主にクリニックで行います。ケミカルピーリングや、各種光治療、レーザーを用いて、皮膚のターンオーバーの正常化、皮脂腺の抑制を促し、ニキビができづらい肌,出来ても早く治る肌の獲得を促していきます。

内面からの治療

ホルモンバランスの改善など、体質改善していくことで、ニキビの抑制を図ります。 プラセンタ療法や漢方,薬各種ビタミンは、炎症を鎮め、体質改善をうながす作用があります。 また、大人ニキビには、ホルモンバランスの改善をうながす必要があります。抗アンドロゲン療法,ホルモン療法を併用することで、にきびの抑制を促します。にきびのコントロールを行なっている間に、肌状態の改善を促していきます。