大人にきび・アダルトニキビ

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

大人ニキビの治療

大人ニキビ・アダルトニキビができやすい部位は、頬から首、口周りに多く見られます。にきびは、思春期の頃に出るだけではなく、最近は20代を超えてニキビに悩まれている方が増えてきています。
フェイスラインに沿って出ることが多いこのにきび。通称「大人ニキビ」「アダルトニキビ」と呼ばれています。

大人ニキビ アダルトニキビ

大人ニキビができてしまったら、まず、ニキビをなくすことを、誰でも考えるでしょうが、そのためには、原因を知ることが大切です。ふきでものと呼ばれる大人のニキビは、ストレスやホルモンバランスの乱れで、皮脂が分泌されすぎることで起きたり、脂っぽい食事や甘いもののとり過ぎ、生理の前、日常生活の不規則な食生活・食事内容・睡眠不足・運動不足・紫外線などいろいろ。また肌の乾燥からも皮脂の過剰分泌は起きてしまいます。

大人ニキビ(アダルトニキビ)は顔の部分のあご、フェイスラインにでき、進行していく場合があります。顔のにきびは、治ってもまた症状が現れてくる場合があります。しっかりと、あごのにきびにかかわわずにきびを治療することが大切です。にきび跡が残ってしまうことがあるからです。

顎にできやすい大人ニキビ

大人ニキビでは、なぜにきびがあごにできやすいのでしょうか。それは男性ホルモンの影響が大きく関わっています。この男性ホルモンが活発になると、あごや、毛穴からの皮脂分泌が増加します。また、若い年ごろや思春期の時期にも皮脂成分が活発に起こりますますので、あごやフェイスライン辺りに、にきびができやすくなります。

女性は、あごの毛穴はあまり発達していません。しかし、皮脂の分泌が活発になりますので毛穴が詰まりやすい状態になります。ストレスや、ホルモン分泌のバランスの乱れや崩れが原因で、男性ホルモンに似た黄体ホルモンの分泌が促進されます。そのため、あごに、にきびができることがあるのです。

大人のニキビの治療法

体の内側からの治療

抗アンドロゲン療法

大人ニキビの治療法として、ホルモンバランスをコントロールすることがまず第一にあげられます。ピルなどには抵抗がある方にも「抗アンドロゲン療法」は試していただきたい治療法です。(当院では初期段階でニキビの早期漸減目的で抗アンドロゲン療法を使用しています)

この治療法は、ホルモン剤とは本質的には異なり、男性ホルモンレセプターをブロックすることで相対的に女性ホルモン優位に導きます。これによって男性ホルモンが働く要素「角質を厚くする」「皮脂腺を発達させる」をブロックします。今現在あるにきびには必ずしも効果があるとは言えませんが、新たにできるにきびには非常に効果的に抑制をかけます。

プラセンタ療法

また、当院ではプラセンタ療法に特に力を入れております。年間のプラセンタ療法を受けられる方も県内随一の件数となっており、多くの治療経験を持っています。、プラセンタはニキビの治療にも大変効果的です。抗アンドロゲン療法に抵抗のある方にも安心してお使いいただける治療法です。

外側からの治療

上記の他に状態に合わせ抗生物質・漢方薬を併用していきながら、ケミカルピーリングAFTフォトフェイシャルレーザーフェイシャルでにきびを局所的に抑制していきます.アファームマルチプレックスは2種類のレーザーで強力ににきびを抑制し、肌質を浴していきながら色素沈着も改善させてくれます。

内服薬のみでは難しい治療でも、局所治療との併用で効果的に比較的短期間で抑制をかけていくことができるものです。