にきびの原因

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

ニキビの原因

にきびの原因として様々な要因が報告されています。

  • 皮脂腺内の皮脂の増加
  • ホルモンバランスの影響 皮脂の増加の要因として男性ホルモンの増加又は皮脂腺レセプターの過剰反応
  • 毛包開口部の角化による面疱形成(白にきび,黒にきび)
  • 形成された面疱への感染(赤にきび)
  • ・・・

などなど、あげればきりがないと思いますが、にきびは、ニキビ菌(アクネ桿菌)・ホルモンバランス・皮脂、肌の新陳代謝 が密接に関係しあって起きてくると考えると理解しやすいと思います。

にきびの原因 アクネ桿菌

アクネ菌 ニキビ菌といわれるものです。プロピニバクテリウムアクネス プロピニバクテリウムアクネス といいます。

「尋常性痤瘡」(じんじょうせいざそう)とも呼ばれる炎症性疾患の原因菌です。しかしながら、このニキビ菌はすべての方の皮膚にいる常在菌です。実は皮膚には必要な菌なのです。アクネ菌は、肌を弱酸性に保ちながら、ほかの細菌が入ってきて悪さをしないように守ってくれています。アクネ菌は、皮脂を好む嫌気性菌(酸素を嫌う菌)なので、皮膚表面ではなく皮脂腺などにいます。

普通にしているのであれば、重要な働きをしてくれています。

アクネ菌が増えるとにきびができる?

アクネ菌(ニキビ菌)は、皮脂を栄養として増えていきます。

ニキビ菌は、皮脂をグリセリンと脂肪酸に分解します。この二つの成分は、肌の保湿に重要な要素で、いわば自家製のクリームです。保湿に重要な役割を担っているのです。アクネ菌は、皮脂を食料としてグリセリン脂肪酸に分解、肌を弱酸性に保ち、肌の保湿を促しています。ですから、いなくなると、肌が乾燥してしまいます。

重要な役割のアクネ菌ですが、アクネ菌が多すぎると免疫バランスが崩れ、周囲の皮膚細胞を攻撃してしまいます(赤にきび)。ニキビの出発点は、毛穴が詰まって皮脂が溜まり、にきび菌が過剰に繁殖してしまうことです。ニキビ菌は皮膚に必要な細菌ですが、何らかの原因で毛穴が詰まることで、にきびができるのです。

毛穴が詰まることが原因で,にきびができるのであって、にきび菌がいるから毛穴ににきびができるのでは必ずしもないということを理解してください。

にきび菌を殺菌し過ぎると、乾燥が強くなってしまいますし、弱酸性に保てず肌状態が悪化してしまいます。

毛穴が詰まることが原因で、にきびができるのですが、特に皮脂の分泌が多い部位でできやすいのです。

皮脂の分泌量が多いとにきびができる

皮脂分泌の亢進してるときに毛穴が詰まれば、大量の皮脂を材料ににきび菌が増殖、にきびができてきます。

皮脂の分泌量が過剰になるには、ホルモンの影響が非常に高く、特に男性ホルモンが重要な要素です。

思春期のにきびは、体が成長する際のホルモンバランスの変化が大きな要因となっています。

大人にきびも、ホルモンバランスの乱れによって出てくるわけですが、このホルモンバランスの乱れは、ストレス、睡眠不足、日常生活の乱れ、などなど様々な要因によって起きてくることが考えられます。

しかしながら、皮脂の量が多くなっても、皮膚のターンオーバーが正常で毛穴がつまらなければニキビにならないはずです。

皮脂の量が多くても、排出が正常に行われば毛穴は詰まりませんが、皮膚の代謝が悪ければ、皮脂の量が少なくても詰まってしまいます。

肌が正常にターンオーバーするには

皮膚が正常に新陳代謝(ターンオーバー)を行うためには、肌が正常な状態を維持していることが重要になります。

正常な状態とするためには、適度な水分を保持でき、外的から皮膚の中を守る角質がしっかりしていることが必要です。

角質が正常な状態であるためには、皮脂が分解されることでできる 脂肪酸・グリセリンが必要で、これが自前のクリームとして水分を角質内に閉じ込めます。これに対して、乾燥が進んだ肌では、角質は十分な強度を保てず脱落してしまうため、どんどん作られることになりますが、その後幼弱な角質ができてしまいます。通常の角質は脱核しているのですが、そこまで分化できていないダメな細胞で覆われてしまう状態になります。このような肌ですと、毛穴が閉じたり、逆に毛穴が広がって見えたりしてきます。

肌にクリームなどの保湿剤を使用すればよいように聞こえると思いますが、ご自身の皮脂が実は最高の保湿剤なのです。

すべてはバランス

  1. にきびの原因菌は、アクネ桿菌であり、皮脂を食料として増殖する
  2. 皮脂が過剰に分泌される原因の多くがホルモンに依存している
  3. 過剰に分泌されて毛穴が詰まるとにきびができる。
  4. 毛穴がつまらないようにするには、正常な肌の新陳代謝が必要で、アクネ桿菌が皮脂を分解する際に出る脂肪酸・グリセリンが必要

ニキビの発生プロセスは、正確に十分に解明されているわけではありませんが、上記のような流れになります。

なんとも禅問答というか、「鶏が先か卵が先か」のような状態になっていますが、これらから治療方針が見えてきます。

  • ニキビ菌(アクネ菌)は、(常在菌なのですべてを殺菌することはできないから、)増殖を抑える
  • 過剰に分泌されている皮脂を抑える
  • 毛穴がつまらないような肌作り
  • 必要に応じてホルモンバランスを整える治療

何のための治療であるのかを理解することも必要です。

ニキビ専門外来へ戻る