抗アンドロゲン療法

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

抗アンドロゲン療法

抗アンドロゲン療法とは

抗アンドロゲン療法は、男性ホルモンが作用する際の受け口 受容体(レセプター)をブロックする薬剤を使用して、男性ホルモンの働きを抑制します。
これによって、かかる治療効果を得ることを目的とした治療法です。

当院では、いわゆる「大人ニキビ」の治療の際に使用しています。

大人ニキビに欠かせない治療法の一つです

20歳を超えても 落ち着かないにきび、おとなになってから出てくるにきびの原因と考えられているものの一つが、男性ホルモンです。

男性ホルモンは、皮脂腺の発達を促進させ、角化細胞の増殖・過角化などの作用があります。ホルモンバランスの乱れなどでもできやすくなる理由として言われます。

そこで、行われる治療法の一つに、ホルモン補充療法です。
女性ホルモンを負荷させることで、相対的に男性ホルモンの量を減少させることで、にきびの発症を抑える治療法です。
しかしながら、この方法では、効果が見えづらい場合があります。

男性ホルモンの量ではなく、受け側の「受容体」が過敏に反応していることが示唆されています。
このような場合には、ホルモン補充療法では、十分な効果が得られないことになります。

抗アンドロゲン療法は、そのような場合でも、受容体をブロックすることで、治療効果を発揮する可能性があります。

抗アンドロゲン療法の説明

抗アンドロゲン療法の長所短所

抗アンドロゲン療法は、大人ニキビの治療の一つの方法として、大変効果的な治療法です。しかしながら、長所、短所があります。

長所

  • 効果が比較的わかりやすい
  • 2~3ヶ月ほどで見られる。

短所

  • この方法のみでは治療を中止すると,また出てくる。
  • 月経異常 不正出血(多少は許容する必要も。投与量の調整で十分対応が可能です)
  • 場合によっては、体調不良 (投与量の調整で十分対応が可能です)
  • 避妊をおねがいします。

抗アンドロゲン療法を行なっている間は、にきびの鎮静を図れるのですが、辞めてしまうと、また出てきてしまう可能性が高いために、抗アンドロゲン療法単独での治療は、行ないません。

抗アンドロゲン療法の当院の考え方

抗アンドロゲン療法は、男性ホルモン受容体をブロックすることで、皮脂腺の発達抑制、角化細胞の異常角化を抑制させ、にきびの発症を抑制する治療法です。 この治療法自身の効果も高いのですが、どうしても離脱しづらくなってしまいますので、当院では、あくまで局所療法の補助として使用しています。

当院の にきび治療の考え方として、

  1. 何らかの形で、にきびをコントロールして 押さえ込んだ状態を維持させ、
  2. その間に 肌質改善を促し、
  3. 「にきびができづらい肌」 「にきびができても早く治る肌」へ

と、促すことを目標としています。

抗アンドロゲン療法は、にきびをコントロールするための一つの方法として使用し、肌質改善を並行して進めていきます。そののち、状況を見ながら、使用する薬剤の量を減少させていきます。

最終的には、局所療法(外からの治療)のみとしていくことで、維持をしていくことになります。

抗アンドロゲン療法単体での治療をご希望される方も多いのですが、できる限り、ピーリング等、肌状態を改善させる治療法との併用をお願いしております。