背中・デコルテのニキビ治療

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

背中・デコルテのにきび

背中の写真背中・デコルテなど体幹部にも ニキビができていて、抗生剤を使っても 良くなったり悪くなったりすることを繰り返す場合があります。この期間が長くなると にきび跡のの色素沈着や 赤みなどに悩むことに繋がっていきます。背中やデコルテにもニキビができていて悩まれている場合には、マラセチア毛包炎も一緒に考える必要があります。

背中やデコルテにできるニキビは、ニキビで無いかもしれません

何年もニキビの治療を受けていても、どうしても治りが悪いという方が当院を受診されますが、胸部、背部、肩、上腕など体にも出てしまって大変ですが、あまりかゆみはありません。
ニキビ(尋常性痤瘡)との鑑別が難しいのですが、マラセチア毛包炎を疑います。

マラセチア毛包炎

皮膚の表面に常在するカビの一種である、「マラセチア(malassezia )」というカビが多量に存在するときに引き起こされる毛穴の炎症が、「マラセチア毛包炎」。

症状としては、赤くてやや光沢があり、特に胸や背中、肩、腕に出ているブツブツは、実はニキビではなく『マラセチア毛包炎』であることがある。ちょっと、汗ばむ季節になると見られることが多い。普通のニキビと違い、赤いブツブツ(紅色丘疹)は均一な感じで、表面が滑らか(平滑)。また、好発部位が頚部や体 幹であることから判別することができます。
ニキビと違って押してもつぶせない、中身が出づらいのも特徴的です。

混在している場合が多いと思われますので、上記のように典型的というわけにはいかないでしょうが、体にもできるニキビで治りが悪い場合には、マラセチア毛包炎を疑うことが必要となります。

背中のにきび治療は、新陳代謝を整えて

背中のニキビ治療で、まず大事となってくることは、皮膚の新陳代謝を整えていく必要があります。表皮のターンオーバーを整えていくことで、皮脂の排出が正常化していきます。そこでケミカルピーリング,カーボンピーリングを主体とし、適切なホームケアを行うことで、改善を促していきます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング ダブルピーリングケミカルピーリングと行っても 実に様々な種類の薬剤があります。当院では、グリコール酸,サリチル酸,乳酸を含むピーリング剤を使用し ダブルピーリングを行っています。通常ケミカルピーリングは、「皮膚表層の角質に作用し 薄く剥がし(ピールpeel)新しくしていく」というように説明されることが多いと思います。最近の知見で 実は皮膚深層,真皮層辺りまで 薬剤が浸透していくことがわかっています。これによって 皮膚全層における新陳代謝が促進されます。

ケミカルピーリングでは、皮膚全層における新陳代謝が促進されます。これは、元々代謝の悪い背中の皮膚の改善を促進させるという点で、非常に良い方法です。しかし、顔などと比べて背中の皮膚は厚いために、背中に合った濃度の薬剤を選択する必要があります。

定期的にケミカルピーリングを行うことで、肌状態の改善,新たなニキビの減少等につながっていくことでしょう。

ケミカルピーリング

カーボンピーリング

カーボンピーリングは、肌に医療グレードの微細なカーボンを塗布し そこにレーザーを照射することで、レーザーとカーボンが反応し ピーリング効果と,その際に発生する熱量によって 皮脂腺の抑制,殺菌効果が期待できる治療法です。背中のように広範囲のを行う場合でも カーボンピーリングは、使用するレーザーの出力に応じて 治療効果を得ることができます。また、照射後多少赤みがある場合もありますが、そのまま帰宅することができます。

皮脂腺の抑制と、殺菌効果 新陳代謝の促進によって ニキビの改善だけでなく 色素沈着の改善にも繋がっていきます。

カーボンピーリング

アファームマルチプレックス

フラクショナルレーザー アファームマルチプレックスニキビの改善だけでなく,にきび跡、テクスチャーの改善を より積極的に推し進めたい場合には、フラクショナルレーザー「アファームマルチプレックス」は大変良い選択肢となります。2種類のレーザーを連続照射することで、皮膚深層の皮脂腺の抑制から 肌の入れ替え、再構築を促進させることを目的としています。

アファームマルチプレックス

マラセチア毛包炎への対処 と 乾燥から肌を守る

体にできるニキビで、通常の抗生剤を使用しても なかなか治りにくい場合には、マラセチア毛包炎も疑ったほうが良いかもしれません。背中の代謝を整えながら、抗真菌剤を併用して行きます。

マラセチア菌はカビの一種です。そのため、通常の細菌に対して抗生剤が効くように 数日で効果が現れるわけではありません。むしろ 場合によっては時間がかかると思ったほうが良いです。ちゃんと毎日塗布してください。

また、乾燥すると 毛穴から皮脂が多く分泌されます。この皮脂がマラセチア菌,アクネ菌の食料となりますから、増加の原因になります。肌の保湿を十分心がけてください。