ニキビ治療の実際 ②中等度のにきび

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

にきび治療の実際 ②中等度のにきび

当院ではニキビ治療に力を入れて専門外来を併設しております。当院でのニキビ治療では肌状態に合わせた個々のプログラムを組むことにはなりますが、おおよそ次のような形で行っていくことになります。

ニキビの治療の場合には何を以て「軽度」「中等度」「重度」と分けるべきか悩みますが、これは治療における便宜的な区分けとご理解ください。

にきびの重症度分類

ニキビの重症度分類では下記のようになっていますが、ニキビが顔全体に広がっていたとしても2度~3度の状態状態(4度がない状態)を中等度のニキビと呼んでいます。この状態の方が一番多くいらっしゃいます。

1度 毛穴に皮脂やアカが詰まった状態。面皰(めんぽう)と呼ばれます。白ニキビ、黒ニキビ。
2度 詰まった毛穴にアクネ桿菌が増殖して炎症を起こした状態。赤い丘疹(きゅうしん)ができます。赤ニキビ。
3度 アクネ桿菌の活動が活発になり、化膿した状態。膿疱(のうほう)や膿腫(のうしゅ)と呼ばれます。
4度 1~3度を繰り返し、ニキビが慢性化した状態。集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)と呼ばれ、皮膚が厚くなりデコボコしたニキビ痕が残ります。局所性の免疫異常や体質が関係しているといわれます。

中等度のニキビ治療の実際

思春期のニキビで、赤ニキビ(炎症性のニキビ)が比較的多く盛り上がって見えるものが多くみられます。

大人ニキビでは、20歳を超えて尋常性坐瘡(にきび)がひどくなりだし、特に生理前には便秘になることがあり、にきびも悪化する。このような症状が多くのアダルトニキビの方に見られます。(程度には差があります。)

フェイスラインから、頬、顎にかけて赤ニキビが点在し、白ニキビ、黒ニキビが見られるような状態を中等度としています。

中等度のニキビ治療としては、①比較的軽度なニキビの治療で説明したような施術では、対処が困難と推測される場合に選択していくことになります。

外側からのニキビ治療

1、レーザーで皮脂腺抑制 殺菌 新陳代謝の正常化を促す。

当院のニキビ治療では レーザーを主体とし 皮脂腺抑制 殺菌 皮膚のターンオーバーの正常化を促していきます。

特に FRAC3という種類のレーザーは 皮膚内の密度が疎な部分で 点状に60度近い熱量を集中して発生させる という特徴があります。これによって 毛穴内を殺菌し減少させ 過剰に増殖してしまった皮脂腺の発達を抑制 皮膚のターンオーバーの正常化へと 促します。

FRAC3 ニキビ治療

2、SLA ピンポイントで皮脂腺破壊

SLAは高周波治療器の一つです。ニキビを繰り返す毛穴内に 特殊絶縁針を挿入し 毛穴内を加熱 破壊します。同時に周囲の皮脂腺も熱凝固させることで 皮脂の供給を効率的に減少させます。少ない回数で治療効果が得られるため、通常は 初回からもその効果を実感できます。

ニキビが多い場合に数を減らす際や 全体的に良くなってきたが 同じところにニキビを繰り返す このような場合にSLAを併用します。

SLA(皮脂腺破壊治療)

圧出 排膿

化膿して膿がたまっているようであれば、たまった膿を排出させます。これを行わなければ炎症を抑え込むことは困難です(たまっていなければ行いません)。

外側からのにきび治療

内側からのニキビ治療

大人ニキビの場合には、ホルモンバランスの崩れ、男性ホルモンのレセプター異常による異常角化、皮脂分泌亢進が見られます。この際に、ホルモンバランスを何とか是正する必要が出てきます。

抗アンドロゲン療法 ホルモンバランスのコントロール

ホルモンバランスのコントロールには 抗アンドロゲン療法や低用量ピル の内服が有名です。男性ホルモンの受容体をブロックし、角質の肥厚・皮脂線発達を抑制してきます。

今あるニキビを治療するのではなく、今後のニキビの発生数を減少させるように働くので治療効果が高いです。低用量ピルとの併用で、ニキビ抑制効果が高まります。(女性のみ)。

ハードルが高いと思われる方には 別の選択肢も用意

長期に亘って収まらないニキビの治療の際には はじめからより効果的な薬剤/治療法を 集約して行い 早い段階でコントロールし ニキビのできづらい肌 ニキビができても早く治る肌の獲得 を狙う形が良いのですが、少々ハードルが高いと思われる方も多いと思います。

そのような場合には 類似した効果が期待できる 漢方薬や サプリメントがあります。

効果はマイルドになりますが、安心して内服できる点も これらの良い点ではあります。

しっかりと内服を行うことが 治療には必須

どんな薬剤でも 指示されたように内服しなければ 狙った効果は得られません。

当院では 内服状況を逐一ヒアリングをします。

内服薬の効果が十分でないのか、それとも内服が不十分で効果が得られていないのか。治療方針を決めていく上で非常に重要な点です。

内側からのにきび治療