ニキビ治療の実際 ②中等度のにきび

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

にきび治療の実際 ②中等度のにきび

当院ではニキビ治療に力を入れて専門外来を併設しております。当院でのニキビ治療では肌状態に合わせた個々のプログラムを組むことにはなりますが、おおよそ次のような形で行っていくことになります。

ニキビの治療の場合には何を以て「軽度」「中等度」「重度」と分けるべきか悩みますが、これは治療における便宜的な区分けとご理解ください。

にきびの重症度分類

ニキビの重症度分類では下記のようになっていますが、ニキビが顔全体に広がっていたとしても2度~3度の状態状態(4度がない状態)を中等度のニキビと呼んでいます。この状態の方が一番多くいらっしゃいます。

1度 毛穴に皮脂やアカが詰まった状態。面皰(めんぽう)と呼ばれます。白ニキビ、黒ニキビ。
2度 詰まった毛穴にアクネ桿菌が増殖して炎症を起こした状態。赤い丘疹(きゅうしん)ができます。赤ニキビ。
3度 アクネ桿菌の活動が活発になり、化膿した状態。膿疱(のうほう)や膿腫(のうしゅ)と呼ばれます。
4度 1~3度を繰り返し、ニキビが慢性化した状態。集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)と呼ばれ、皮膚が厚くなりデコボコしたニキビ痕が残ります。局所性の免疫異常や体質が関係しているといわれます。

中等度のニキビ治療の実際

思春期のニキビで、赤ニキビ(炎症性のニキビ)が比較的多く盛り上がって見えるものが多くみられます。

大人ニキビでは、20歳を超えて尋常性坐瘡(にきび)がひどくなりだし、特に生理前には便秘になることがあり、にきびも悪化する。このような症状が多くのアダルトニキビの方に見られます。(程度には差があります。)フェイスラインから、頬、顎にかけて赤ニキビが点在し、白ニキビ、黒ニキビが見られるような状態を中等度としています。

中等度のニキビ治療としては、①比較的軽度なニキビの治療で説明したような施術では、対処が困難と推測される場合に選択していくことになります。

外側からの治療

1、光治療をベースとしたにきび治療

外側からの治療として、光治療をベースとして組み立てていきます。光治療器、レーザーの治療をケミカルピーリングと組み合わせて行っていきます。
光治療器(BBL),レーザー(メディオスターmiXT)は、それぞれニキビ治療モードを搭載しており、肌自身の改善と、ニキビによる色素沈着の改善が見られます。

2、カーボンピーリングで皮脂線を抑制・毛穴を引き締める。

光治療を行う際に、部分的にカーボンピーリングで熱エネルギーを毛穴に加え、皮脂線の発達を軽減させます。この治療のメリットは、同時に目立つ毛穴を引き締める効果もあることです。カーボンピーリングは皮膚表面でカーボンとレーザーが反応する際に起こる熱エネルギーで、皮脂線を抑えると同時に熱エネルギーによるコラーゲン変性を促し、毛穴も引き締めます。さらに 古くなった角質を取り除く作用があり、ニキビ治療に大変効果的な方法です。

3、アファームマルチプレックスを使用したニキビ治療

アファームマルチプレックスは 2種類のレーザーで肌の奥を加熱し 皮脂線を強力に抑制しながら、皮膚表面をフラクショナルに新しくしていくことができる最新のレーザー機器です。コントロール不良なニキビでも、1度目の治療からその治療効果を実感していただいております。1~2日ほど赤みが出ますが、より強力な治療をご希望される方にはお勧めの治療法といえます。

このアファームマルチプレックスは、ニキビ治療には欠かせない施術となってきました。強力な治療効果がありながら、2種類のレーザーを連続照射する機能によって類似機種と比較し短いダウンタイム(赤みが出ている期間)を実現しています。

圧出

化膿して膿がたまっているようであれば、たまった膿を排出させます。これを行わなければ炎症を抑え込むことは困難です(たまっていなければ行いません)。必要に応じて高周波ニードルで皮脂腺を加熱し抑制します。

外側からのにきび治療

内側からの治療

大人ニキビには、抗アンドロゲン療法

大人ニキビの場合には、ホルモンバランスの崩れ、男性ホルモンのレセプター異常による異常角化、皮脂分泌亢進が見られます。これによっておもにフェイスラインから頬顎にかけて出てくると考えられますが、この際に、ホルモンバランスを何とか是正する必要が出てきます。抗アンドロゲン療法で男性ホルモンの受容体をブロックし、角質の肥厚・皮脂線発達を抑制してきます。

今あるニキビを治療するのではなく、今後のニキビの発生数を減少させるように働くので治療効果が高いです。低用量ピルとの併用で、ニキビ抑制効果が高まります。(女性のみ)

体質改善を促していきます。

体の内側からの治療として、プラセンタ治療をお勧めしています。ビタミンCをはじめとする各種ビタミン剤を併用していきます。体の状態にあわせ漢方薬などを使用します。

さらに炎症性ニキビ(赤ニキビ)があるようであれば、圧出を併用します。

内側からのにきび治療