外側からのニキビ治療

にきび治療専門外来にきび治療専門外来

外側からのニキビ治療

にきびの治療は、その症状、状態によって選択する治療法が異なってきます。
治療の詳細についてはカウンセリングの際に担当医とご相談ください。

にきびの治療では、体の外側からの治療と、体の中を整える治療を併用していく必要があります。両側からの治療によって にきびをコントロールし、にきび跡などになりづらく 被害を最小限度に抑えていくことを目標にしていきます。

当院では 基本プログラム 標準プログラム 重度ニキビに対する治療の 3種類に分けて提案をしています。

にきび治療の基本プログラム

すべての始まりはケミカルピーリングです!

ケミカルピーリングで肌の新陳代謝を促進させ、詰まりがちな皮脂が出やすい環境を作っていきます。

肌が新しくなっていくにつれ、やわらかく弾力性に富んでいきます。ケミカルピーリングを続けていくことで、ストレスなどで突発的にできるような場合でも にきびが引きやすくなっていきます。ケミカルピーリングは にきび治療のスタンダードとして 重要な位置を占めています。

ケミカルピーリングによるにきび治療

通常 ピーリングによって皮膚の代謝を整えつつ 光線療法による殺菌 イオン超音波導入による肌再生促進を併用し 治療を行ないます。

光線療法Photo Therapy

光線療法

特殊な波長の光を照射すると アクネ桿菌が出すポルフィリンという物質に反応して活性酸素を発生し、アクネ桿菌を殺菌する効果を持っています。

イオン超音波導入iontophoresis

イオン超音波導入器

アミノ酸などの保湿成分を高配合した独自ジェルを使用することで、肌の鎮静を促し、回復力を高めてくれます。ケミカルピーリング,光治療等の 仕上げとしては最適な方法の一つです。

ケミカルピーリングの詳細ページはこちらです。

にきび治療の標準プログラム

標準プログラムでは、レーザー機器等を積極的に使用し できる限り早期の ニキビのコントロールを目標としています。FRAC3,スムースライナーアクネケア(SLA)は、より積極的にニキビのコントロールを望む方に最適な方法と言えます。 SLAでニキビの局所治療を行いつつ、FRAC3でニキビができづらい肌質の獲得を目指します。

FRAC33Dフラクショナル

Dynamis_photo_square

FRAC3は、肌の中で三次元的に 60℃以上の熱量を発生させることができる 3Dフラクショナルレーザーです。

レーザーによる殺菌 皮脂腺抑制 赤み炎症の軽減をしながら 皮膚の再構築を促すことができます。

ダウンタイム無しで 高いニキビ抑制効果を発揮し ニキビができづらい肌質へと促します。

ニキビの軽減をしつつ 肌再生を強力に促進させます。

FRAC3-small

FRAC3の照射時に起きる「hot island」は、皮膚全体の温度を押し上げます。これによって 毛穴内の細菌の減少・抑制、皮脂腺の抑制に効果を発揮します。

更に 三次元的に熱量をスポットで発生させることで にきび跡の再構築にも効果を発揮します。

  • アクティブなニキビ(赤ニキビなど)
  • にきび跡
  • 皮脂腺抑制

FRAC3

皮脂腺を破壊しニキビを抑制する SLA

皮脂腺を破壊

ニキビの治療に必要なことは ニキビができづらい肌質へと促すだけでなく ニキビになりやすい毛穴 いつも同じ所にできるニキビ どうしてもコントロール不能なニキビ に 以下に対処するかが重要でもあります。

スムースライナーアクネケア(以下SLA)は、綿密に制御された高周波で 皮膚表面にダメージを出さずに 皮膚深層にある 皮脂腺を選択的に破壊します。皮脂の供給が減少することで 白ニキビ改善と アクネ菌などの繁殖が軽減され 赤ニキビを抑制します。

SLA 皮脂腺破壊療法

重症ニキビに対する治療法

重度のニキビ/コントロール困難なニキビの改善には ある程度のダウンタイム(赤みなど)を許容していただくことで より効果の高い治療法を選択することが出来ます。日常生活への影響を最小限度に留めつつ 高い治療効果を得ることを目的とした A-MTS+FRAC3による治療法は、ニキビの抑制を強力に図りつつ にきび跡の改善まで視野にいれることができる治療法です。

A-MTS ニキビとにきび跡を同時に治療

A-MTSは マイクロスパイクで コラーゲン造成を強力に誘導し、肌の再構築を促す CIT療法(Collagen induction therapy)の最新型です。

微細な針が真皮層まで到達するすることで 排出が促進され 代謝が促進されていきます。ニキビ・にきび跡の改善を同時に進めていきたい場合 更に赤みなどのダウンタイムがきになる場合には 良い選択肢だと思います。

1~2日程赤みが出ますが、治療翌日からメイクが出来ます。

新型ダーマローラーAMTSは、マイクロスパイクで皮膚を活性化 修復を促します。

A-MTSの特徴として 広範囲の治療がしやすいため、顔全体の改善に効果的です。

A-MTS

A-MTSの効果を最大限に発揮する 3Dフラクショナルとの併用

FRAC3-small

皮膚表面にダメージを与えず 3次元的に60℃もの凝固点を発生させることができる 3Dフラクショナル「FRAC3」との相乗効果は ダウンタイムを増加させずに 治療効果を更に高めます。

3次元的に熱量を発生させることで 皮膚の再構築が進むと共に 皮脂腺抑制、赤みの軽減 殺菌効果などが期待できます。

ニキビとにきび跡の改善を強力に進めつつ 出来るだけ ダウンタイムを抑えたい方に特におすすめしたい方法です。

表面へのダメージを最小限度としながら コラーゲンのリモデリングを従来機器以上に起こすことが出来る利点を利用して、A-MTSと同時に治療をすることができます。
ダウンタイムを 1日程度に抑えながらも、できるかぎり高い効果を と検討されていらっしゃる方には、「A-MTS+FRAC3」を選択すると良いと思います。

FRAC3

【PDT療法】強力なニキビ抑制治療

重症にきびに対するPDT療法 光線照射中の写真PDT(フォトダイナミックセラピー)は、光線力学的療法と言われる治療法です。強力なニキビ抑制効果が知られています。

皮脂腺に選択的に取り込まれる性質を持つ デルタアミノレブリン酸という物質を塗布し、デルタアミノレブリン酸は、皮脂腺に選択的に集まり、ポルフィリンという物質に変わります。PDT用の光を照射すると、その場でポルフィリンは活性酸素を発生します。

デルタアミノレブリン酸で大量にポルフィリンが生成されることで、活性酸素が大量に発生し、皮脂腺を傷害・、周囲を殺菌します。これによって 強力なニキビ抑制効果が得られます。

治療後 好転反応と呼ばれる 赤みや一時的なニキビの増加等が見られることがあります。しかし 外用剤と光のみで強力に皮脂腺の障害と殺菌効果が得られ 強力にニキビの抑制が図られるため、より強力な治療法として 重症ニキビの治療には欠かせません。

PDT重症にきび治療

まとめ:外側からのにきび治療

通常の保険診療の範囲内ではコントロール困難な 重度のニキビ/長年続くニキビに対して 様々な状態にあわせて 治療方針を提案させていただいています。

内服・外用剤との併用で より早期のコントロールを目指します。

ニキビのコントロールを行なうだけでなく

  • ニキビができづらい肌
  • ニキビが出来ても治りやすい肌

を獲得をすることが目標です。