ニキビ跡治療

にきび痕の治療

ニキビ跡治療

にきび跡の治療では、現在様々な治療法が検討実践されています。
当院では、症状に合わせながら適切な治療法を選択することが可能です。

にきび跡治療 モニター募集中

sciton-small endymed3deep

エンディメッドPRO FSR   (RFフラクショナルスキンリサーフェシング)
プロフラクショナルXC (アブレイティブフラクショナルレーザー) 併用

詳細はこちらを参照ください。
にきび跡治療のモニターを募集中です。

にきび跡治療の選択

にきび跡を改善させていくためには、肌の入れ替えと,真皮深層までコラーゲン造成を促し、にきび跡の部位の瘢痕組織を置換させていていくことが必要です。そのため、1回毎の治療後は、赤み等が出る期間が必要となります。

当院で行うにきび跡治療は、常識的な範囲で ある程度の期間のダウンタイムを許容出来るかどうかで、治療法を選択することができるようにしています。いくら効果的な治療法だとしても 殆ど受ける機会が得られないようなものでは、結果としての治療効果は、実質的に半減してしまうからです。

そこで、当院では、

  1. アブレイティブフラクショナル機器(レーザー,RF)を用いた 当院の主力治療と、
  2. ダウンタイム1日前後の治療

の2系統を用意しています。
ご希望の日程、許容出来る範囲で ご相談の上 選択されると良いと思います。

① にきび跡治療 当院の主力治療

アブレイティブレーザー・高周波の2種類のフラクショナル機器を使用した にきび跡治療が当院の主力です。

肌を積極的に入れ替えながら、真皮深層に熱影響を与え、コラーゲン造成を促進させます。2種類の機器を 治療過程に合わせて選択使用することで、治療の効率化と,1回あたりの治療効果の拡大を得ます。フラクショナル機器を使用した治療ですので、赤みが出ている期間は、3~4日程度ですが、翌日よりメイクをすることができます。

  • 肌の置換率の高いアブレイティブフラクショナルレーザー プロフラクショナルXC
  • 皮膚深層まで効率的に加熱しコラーゲン造成を促進させる エンディメッドFSR

これら2種の機器の治療費は同じです。にきび跡の状態、進捗状況に合わせて複合的に使用することで、治療効果を高めます。

仕事等で あまりダウンタイム)が続くことが難しい場合には、新型ダーマローラーA-MTSをお薦めしています。その上で、休みに合わせて、一度エンディメッドFSR等を試して見ると、良いと思います。

エンディメッドFSR RFフラクショナル

エンディメドEndyMed FSR

ニキビ跡治療に 新たな治療法が出てきました。

高周波(ラジオ波=RF)を使用したフラクションタイプの治療機です。
高周波(RF)を使用して、肌を入れ替えつつ、特許技術「3DEEPテクノロジー」で、皮膚深層まで、効率的に加熱することで、肌の再構築を急速に促すことができます。

エンディメッドFSRは、肌に針を刺すことなく、皮膚深層までエネルギーを到達させることが可能なことと、高周波(RF)使用することで、皮膚表面を過度に傷つけることなく熱量を発生させることができるため、短いダウンタイムと、最小限度のエネルギーによって治療ができます。

治療イメージ

  • 皮膚表面をフラクショナルに入れ替え
  • 3DEEPテクノロジーによって,深層まで、多層的に加熱
  • 痛みが少ない
  • ミニマムダウンタイム
  • スキンタイプを選ばずに行うことができる。

エンディメッドFSR

プロフラクショナルセラピー

にきび跡,傷跡の治療 プロフラクショナルセラピー

2013年新たに導入した フラクショナルレーザー プロフラクショナルXCです。
プロフラクショナル-XCは、2940nmの波長を用いたレーザー機器です。レーザーによるニキビ跡治療は、病院でしか受けることが出来ません。

下図のようにドット状のレーザー照射を行なって、微細な孔を穿ちます。レーザーで、その部位の皮膚成分を蒸散させてしまうことで、皮膚の置換をより強固に進めていくことができます。

2940nmの波長は、水分への吸収効率が非常に良いため、照射部以外の皮膚組織へのダメージが非常に少ないという利点が挙げられます。過剰な皮膚ダメージを軽減することで、ダウンタイムを短縮することに成功しています。

治療イメージ

  • レーザー蒸散による、確実な肌の入れ替え
  • 照射部以外の皮膚ダメージが最小限
  • ダウンタイムが短い
  • スキンタイプを選ばずに治療ができる
  • 治療深度を25μm~1500μmまで可変

プロフラクショナルセラピー

数日のダウンタイムが問題なければ、できうる限り 上記2機種を併用した治療をお薦めしています。
最新フラクショナルレーザー,RFを使用した形となるために、1回毎の治療効果がより高くなり、且つ フラクショナルCO2レーザー等と比較しても ダウンタイムが軽減されています。
日常生活を送る上で許容しうる範囲内のダウンタイム内で、一回あたりの治療効果をできるだけ高めつつ安全域を確保しています。

②にきび跡の治療 ダウンタイムをできるだけ少なく

上記の治療法は、ダウンタイムが多少長めなため、仕事などに支障が出る場合も考えられます。
それに対して ダウンタイムが少ない治療法は、(施術の種類にもよりますが、)効果は限定的となる場合もあります。
その中でも 新型ダーマローラーAMTSは、治療効果とダウンタイムのバランスが非常に優れた治療法ということができます。

また、ダウンタイムを伸ばさず治療効果を高めるために 新型レーザー イージスヤグとの併用も効果的です。

新型ダーマローラーCIT療法 A-MTS

新型ダーマローラー A-MTS新型ダーマローラー療法 A-MTS オートマイクロニードルセラピーシステム を新たに導入しました。治療密度を増加させつつも、皮膚への負担を軽減することで、回復のスピードが更に速まりました。
ダーマローラー療法をご希望の方は、よりダウンタイムが少なく効果が高まった新システム A-MTSで行います。
治療を躊躇されていた方も、より受けやすくなっていますので、お試しください。
詳細は、こちらを参照ください。
A-MTS(オートマイクロニードルセラピーシステム)

にきび跡の凹凸クレーターの改善には まずお勧めしたい治療が新型ダーマローラー【A-MTS】です。この治療法は、マイクロスパイクの働きで肌に強力なコラーゲン造成を誘導し、しわたるみの改善のみならずニキビ・ニキビ跡・傷跡・ストレッチマーク(肉割れ,妊娠線,肥満線)を改善させる画期的な治療法です。

CIT療法はCollagen-Induction-Therapy=コラーゲン誘導療法の略です。肌のコラーゲンを強力に産生させることで、新しい正常な肌と入れ替えていくことで、ニキビ痕の凹凸クレーターを改善していきます。

新型ダーマローラーAMTSは、マイクロスパイクで皮膚を活性化 修復を促します。

新型ダーマローラー療法 A-MTS

赤みが出る期間が短いことと、その治療効果のバランスの良さによって 多くの方に受けて頂いております。ダウンタイムが延長しない範囲で より高い効果を得るために 最新レーザー「イージスヤグ」との併用をお薦めしています。

イージスヤグ AegisYAG

AegisYAG イージスヤグ皮膚深層をレーザーで加熱し コラーゲンのリモデリングを促進させる事ができる 最新国産レーザーです。
微細なレーザーを多方向から照射すると、その焦点では温度が急激に上昇していきます。皮膚深層で熱凝固反応を起こすことで、コラーゲン産生が爆発的に促進されます。皮膚表面には影響をほとんど与えずに このようなことができる点が イージスヤグの特徴です。

赤みが出る期間を延長せずに A-MTSの効果を高めることができます

ダウンタイムの少ないにきび跡治療 A-MTS+イージスヤグ
皮膚表面へのダメージを殆ど与えずに コラーゲンのリモデリングを従来機器以上に起こすことが出来る利点を利用して、A-MTSと同時に治療をすることができます。
ダウンタイムを 1日程度に抑えながらも、できるかぎり高い効果を と検討されていらっしゃる方には、「A-MTS+イージスヤグ」を選択すると良いと思います。

イージスヤグ

肌の修復力を高めて 1回毎の効果を更に高める

にきび跡の治療全般に言えることですが、基本的に にきび跡は、「傷跡」の一種です。つまり 「一度修復が終わって治った状態」 です。徐々に柔らかくなってくるとはいえ そのまま大きく変化することはありません。そこで 一度にきび跡の部位を何らかの方法で破壊し 肌自身が持つ修復力を利用して 回復させます。その過程を利用して にきび跡を改善させていきます。

肌が衰え 十分な修復力が発揮できなければ、たとえどんなに良い治療を受けたとしても 十分な効果を得ることは困難でしょう。
また、にきび跡の治療自身が 肌への多くの負担となるものですので、回復力を高める治療法は、時に必要となります。

そこで、当院では、グロスファクター皮膚再生療法を主体としながら、肌の修復力を高める治療法との併用を 提案しています。

グロスファクター皮膚再生療法

再生医療に基づいて医療機関が行う皮膚再生治療グロスファクターメソスキン療法です。

現在まで、1~5種類程度のグロスファクター[成長因子]を使用した治療法がありましたが、場合によって皮膚が盛り上がりすぎるようなことさえもあり、安全とは言えませんでした。
グロスファクタメソスキン療法で使用するグロスファクター[成長因子]は150種類以上の成長因子を大量に使用することで、肌そのものを再生する治療法です。上記の治療法と併用することで、肌組織の成長因子を補てんしながら再生を促します。

GRF治療前 にきび跡の治療にも効果的
ニキビ跡の治療MesoSkin療法前
GRFはにきび跡の治療に新たな選択肢を与えてくれるのかもしれません。
ニキビ跡の治療4回終了後

グロスファクターメソスキン療法の詳細

にきび跡の色素沈着の治療

にきび跡の色素沈着の治療は、通常のシミの治療に準じた形を併用して行っていくことが可能です。

色素沈着の治療としては、光治療器(BBL等) QスイッチYAG/RUBYレーザーを使用します。

にきび跡の色素沈着は、凹凸クレーターと重複して存在している場合がほとんどですので、プロフラクショナルやA-MTSでの治療を進めていくと 改善してくるのがわかります。

にきび跡の色素沈着と、毛穴の開き(にきび跡が毛穴の開きに見える場合があります。)のような場合には、光治療器(BBL等)と、QスイッチYAGレーザーによるカーボンピーリングの複合照射(混合シミ改善治療)がよいでしょう。

混合シミ改善治療 シミ、毛穴,にきび にきび跡,シワたるみの治療に効果的な治療です。

にきび跡の治療 赤みの治療

光治療

にきび跡の赤みの治療には、当院では、光治療をベースに行っています。
各種光治療機(BBL, AFTフォトフェイシャル,iPulseフォトセラピー)は赤みの治療にも効果が見られます。

また、BBL's  iPulseフォトセラピーは毛細血管拡張症などの治療用のプログラムを搭載しています。

各種レーザー

ロングパルスYAGレーザー ダイオードレーザー を使用した毛細血管拡張症治療を行うことができます。

グロスファクター皮膚再生療法

再生医療に基づいて医療機関が行う皮膚再生治療グロスファクターメソスキン療法です。

血管を形成させるさまざまなグロスファクター[成長因子]を、大量にバランスよく注入することが可能な治療法です。安全性も高く、150種類以上の成長因子を注入することで、肌の再生、赤みの軽減をより効果的に行うことができます。

PRP皮膚再生療法を比較した場合、成長因子の質として考えた場合には確かにPRP皮膚再生療法の方がご自身の血液から生成するため良いと考えることができますが、治療効果として必要な成長因子の量は グロスファクターメソスキン療法に軍配が上がります。

GRF治療前 赤みの治療 赤ら顔の治療
グロスファクターメソスキン療法赤みの治療前
GRF治療後 赤ら顔・赤みの治療
グロスファクターメソスキン療法4回施術後

グロスファクターメソスキン療法の詳細

ニキビ跡治療の症例写真

にきび跡の症例写真集ページに移動しました。参照ください。

ニキビ跡治療の症例写真集